活動報告

抗加齢

アンチエイジング体験体感イベントを行いました

3日間で15000人を超える参加者で大盛況でした。

1999年、わずか6人で始まった日本の予防医学、アンチエイジング学会。
2000年に抗加齢学会として正式に学会設立。
その頃から思えば、19年間本当に大変なことばかりでした。
去年から関西テレビが重い腰を上げてアンチエイジングを一般人に普及する活動に参加。
初回のアンチエイジングフェアにもかかわらず3日間で15000人を超える参加者。
今年も2日間で1万人を軽く越え、その関心度の高さに驚きとうれしさを隠せません。
2025年大阪万博のメインテーマは、ズバリ’アンチエイジング’これからもどんどん参加者が増えてくれることを祈り、啓蒙活動も、臨床も頑張りたいと思います。(高島談)

PAGE TOP