活動報告

高島クリニック

ビタミンCは、武漢大学付属病院 での臨床試験が、始まるなど、 新型コロナウィルスへの効果が 今注目されています。

新型肺炎の予防・症状緩和にはビタミンC
高濃度ビタミンCを摂取することによって新型肺炎の流行を遅らせ、さらには感染を防ぐことができます。ビタミンCが持つ強力な抗ウイルス効果については、医療現場において数十年も前から活用されてきました。

こうした事実があるにもかかわらず、メディアにて「ビタミンCの抗ウイルス効果とりわけコロナウイルスに対する効果的なアプローチ」が取り上げられることは、残念ながらありません。

症状の緩和や発症の予防には、体の抗酸化力および免疫力を可能な限り高めておくことが大切です。つまり、ウイルスから攻撃を受けた時、最も重要になるのは個々の体内環境の質なのです。

重篤な疾患を患ってから治療するより、予防に力を注ぐ方が容易であることは明確です。

高島正広(医学博士)

PAGE TOP